電気系リペア承ります


 種類は、ST、TE、LP、SG、ベースはPB、JB、またはこれに順ずるモデル、SW、ポット、ジャック、配線(コンデンサ等含む)の交換を軸とします。

 アクティブ系や、複雑な配線のモデルは応相談、パーツの持ち込みも可。
 基本楽器本体は持ち込み(含む郵送)個体によって状況違うに決まってますから、「基本福澤(1万円のことです・・・(笑))一枚」ご用意下さい。それほどかからないようなら、お釣りが出ます。
 パーツ指定などは別途金額が加算されます。そのための「持ち込み可」なので……
 ただしスタンダードなリペアの場合、Electro9でセレクトした間違いのないパーツを使用します。ご安心ください。

 くわしい状態や写真等をメールで送って頂き、「見積もり」を出します。出来るだけ早く納品を心掛けます。まずは相談。ペグ交換やブリッジ交換、調整等もやります、相談の上、こちらに発送して下さい。


1例ですが・・・
☆LPサーキットリフレッシュ:
SW、ポット×4、ジャック、配線材、総取替え調整付、9,000円
☆TEサーキットリフレッシュ:
SW、ポット×2、ジャック、配線材、コンデンサ0.0001μF追加(Cサウンドになります・・・音量を小さくしたときに、高音域が強調され、カッティングが気持ちいい音になります)、総取替え調整付、9,000円


エレキギターの電気系パーツ(ジャック、ポット、コンデンサ等)は基本、消耗品です。そもそもコンデンサ類の耐用年数はメーカーにもよりますが、約10年といわれています。オリジナルを大事にするコレクターは別として、実際のプレイに使用する楽器を使っているプレイヤーには劣化したパーツのままの楽器を使うことは、決してよいことではないと思います。ご希望があれば、リペア後オリジナルパーツをお返しいたします。