さあ、出来上がり間近である。
 何しろ40歳のギターだ。こだわりも歴史もあろう。傷や打痕、へこみもある。しかし、ボディはバフ掛けする程度にとどめ、オリジナルのメタリックブルーだ。スクリュー等は全て新しいものに交換したが、ペグのプラスチックブッシュやテンションバーなどはオリジナルを丁寧にペーパーで磨き、そのまま採用することにした。ジーパンで言うと「タテ落ち感覚」だ(笑)。この風合いはさすがに40年経たないと出ないだろう。
 ペグはカバードタイプの新品のゴトーをおごることにした。ペグ、ブリッジとも新品だ。チューニングも安定する。塗装の際に外したナットだが、充分使えるようなので、ペーパーで表面を研磨し、そのまま使うことにした。

 さて完成したギターは「オリジナル重視派のコレクター」は眉をひそめる出来だろうが、「ジャパンビンテージビザールギターを現役でバリバリ使いたい」現役のミュージシャンであれば,ちょっと気になる出来上がりなのではないかと自負している。

 特徴を紹介しよう。案外、というよりかなり極太なかまぼこネックである。それに対し、ボディは薄い。薄いですね、笑っちゃうくらいに(笑)なんならギブソンSGが厚いギターに思えるくらいだもん(笑)で、結果軽い。動き回るギタリストにはたまらんだろうなあ。音はビックリするほど太い。太いねえビックリするくらい。ソープバーのついているレスポールみたいな感じ、といったら言い過ぎだろうか・・・・・

 マシンヘッドにはオリジナルのグヤトーンオーナメントを貼り付ける。隣に申し訳なさそうにひっそりと(笑)E9ロゴを入れる。
コレくらいしたっていいだろ?(笑)

 追記するが、エンドピンにまでこだわった。
オリジナルはおそろしく小さくてダンロップのストラップカバーでもつけないとストンと落ちてしまいそうなので、フェンダータイプを採用した。スクリューもかなり長いものできっちりつけてある。かなり暴れるギタリストでも大丈夫だ。
ボリューム&トーンノブはアルミ削りだしの高級品をおごってみた。かなりメタリックなイメージである。


 俺はジャパンビンテージ、いわゆるビザールギターが大好きだ。何本か個人所有もしている。ハウンドドッグテイラー、ジョンスペンサー、デビッドリンドレー…連中がなぜギブソン、フェンダーよりこちらを優先するのか、その理由もなんとなくわかっているつもりもある。ありがたいことに、このジャンルは馬鹿みたいなプレミアがつくことも一部の特別なモデルを除けばあまりない。これを現役のミュージシャンに「弾ける状態で」提供できたら最高だと思うのだ。
もっともベースになるモデルもかなり主観で選んでいるところもある。なんなら納得いかない取引であれば相手にせずずっと俺の手元にあればいいと思ってるくらいだ。でもね、ギターですから、俺よりもがんがん弾いてくれる人に渡ったほうがこの子にとって幸せだと思うんですよね・・・・・・・・・。ほな!