ピックアップレイアウトについては、いろんなプランがあったわけだが、ジャパンビンテージビザールギターの魅力といえば、雑材(ベニヤ、ラワンなど)のネック、ボディがもたらすチープな振動、これを当時はむしろ安いからという理由で採用されていたアルニコ磁石のピックアップの経年変化などから来る、えもいわれぬファット感に代表されるところであろう。
 残念なことにこのギターはフロントPUが欠損している。2PU仕様として、ストラト等のPUをつけることも頭に浮かんだが、ここはオリジナルを使わないわけにはいかない。
 外装こそボロボロだが、マグネット、コイルとも現役である。軽いオーバーホールをして1PU、1ボリューム、1トーンとする。

 また、特徴的な鉄板ピックガードだが、このまま採用することとした。PUホールが開いているため、PPシートにヘアラインシルバー柄のカッティングシートを貼り付け、オリジナルピックガードを型に、同サイズの「ピックガードカバー」を上からかぶせることにした。

 なにしろ1PU、1ボリューム、1トーンである。ツマミだらけ、スイッチだらけの定義からは外れているかもしれないが(笑)、コレは絶対ありと判断したので、シンプルなサーキットとする。
 ボリュームポットはアルプス社製、トーンのためのコンデンサは可変幅を稼ぐため積層セラミックコンデンサ473を採用する。このおかげで「かなり高い音からかなり低い音まで」設定できるようになっている。
 最大にファットな音にして(本来フロントピックアップがついていたあたり)で弾けば、なんちゃってフロントPUくらいの音は出る(笑)
ジャックはスイッチクラフト等も考慮したが、最近お気に入りの黒いプラスチック樹脂でできているモノを採用。


次へ